介護のおはなし

「罪悪感!?」あえて言います。親を施設に預けることや介護サービスを使うことは決して悪いことではない。

施設にいれるのは・・・そんな罪悪感を抱いている。
きっとそんな方は多くいるのではないでしょうか。

どうも、コロです。
私自身も少しこの「罪悪感」というものに考えさせられることもあるのですが、今回は介護施設に感じる気持ちを記事にしています。

あえて言います。親を施設に預けることや介護サービスを使うことは決して悪いことではない。

罪悪感を持つ人は多い。

やっぱり施設に預けることに罪悪感を持つ人ってまだまだ多いと思います。でもこの気持ちは間違いではないんですよね。むしろ当たり前の感情だと思います。今回の記事で書いておきたいのは、この自分の感情は間違っていないけれど、他人から責められることは違うだろっていうこと。

いまだに残るこんな考え方

今でこそ介護業界って結構メジャーになってきました。デイサービスの車もよく走っていますよね。
それでもまだまだこういった考え方って残っているんです。気持ちもわからんこともないですが、これに苦しめられている人もこれまた多いのです・・・

・家で見るのが一番
・親なんだから子供が見ていくべき
・なんであなたがちゃんとしないの

家で見てあげるのが一番

住み慣れた家でいつまでも。大変でも家で最期まで迎えさせてあげたい。当然の気持ちだと思います。それに向けて頑張っている方が多いと思いますが、どうしても無理になってくることが出てくるんです。そんな時に、周り、そして自分が責めないであげてほしいと思います。

親なんだから子供が見ていくべき

主となるのは子供かもしれません。でもできないところは頼ったっていいのです。

なんであなたがちゃんとしないの

苦しいよね。ちゃんとやっているよね。
苦しいのは介護を受けている当人から言われることと周りの口だけ出す人から言われること。基本手を出せないなら、口は出すべきではないと思っています。

だいぶ現状は変わってきたかな

直接かかわる家族の方や利用者の方を見ていると、この世界への抵抗は少なくなってきているんじゃないかとは実感しています。
デイサービスに行くことも、どこか当たり前のようになってきました。利用者さんも近所で私はこういうところに行ってるんやでと話をしているみたいです。
自分でもうちょっとしたら私の生活はどうなるかな。こういった住宅もあるんやなぁと自分たちで今後の話をしていることもよく見かけます😊

むしろいい面だって多いんです

やっぱり施設の方も介護のプロですから(変な職員もいますけど😅)必要なケアをきちんとしてくれます。
気持ちの面では色々あるかもしれませんが、ケアのことを考えると適切な面はあるかと思います。

そして、家族の方も少し引いて、気を楽にかかわることができるようになるのが一番の違いかもしれません。

まとめ

色々と良いことを書いてきましたけど・・・
やっぱりどこか、すっきりはしませんよね。気持ちは残りますよね。

私はすっきりとする必要はないんじゃないかと思っています。悩みながらも、時には後悔しながらも、良かったと思えることを増やしていただきたいなと思います。

入所後もできることがあります。職員ではだめで、家族だからこそできることがあります。
だから職員の立場としては、落ち込むのではなく、その後の生活にしっかりとかかわってあげてほしいなと思っています。

~ブログ村に参加しました~
コロコーデ - にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

~応援、読者登録よろしくお願いします~

ABOUT ME
コロ
コロ
1985年生まれ。ひょんなことから「介護」というものに関わるようになり、その大変さと同時に魅力にもはまっていきました。意を決して、独立に関わり現在デイサービスの管理者をしながら、介護の情報や自身の好きなモノを発信しています。 >>詳しくはこちら<<

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です