お気に入り

「オニツカタイガーGSMレビュー」オイルレザーとスエードの感じが抜群のスニーカーだった。

ああ、毎日が早い。
本当は仕事行くのも楽しいやんかって位になれればいいのですが、中々まだそこまでの域には達していない😅

どうも、コロです。
この正月休みの間は結構買い物をしてしまいました💦 いわゆる散財です。
といっても今までのように初売りとかは中々行けませんので通販になりますね。

私、結構靴が好きでよく買うのですけど、今回購入したスニーカーがなかなか良かったのでご紹介します😊

ついにオニツカタイガーに手を出してしまった。オイルレザーのGSMがとっても良い感じ。

初のオニツカタイガー!

オニツカタイガーの靴、実は初めて購入したんです。

この側面のライン、有名ですよね、よく見ることあると思うんですけど。
私も履いてみたいなあとは思っていたんですが、なかなか手が出せず・・・

というのも、私は足のサイズは26前後になるんですけど、甲が高くて少し幅広。
完全なイメージですけど、オニツカタイガーは少し細身のイメージがあったのでサイズ的に心配なところがあったんです。
そして、直接履く機会がなくて購入にいたらなかったという歴史。

今回購入したのは、「OILED LEATHER SERIES」

そう、「OILED LEATHER SERIES」
11月7日から発売になったこのシリーズ。

しっとりとしたリッチな質感を楽しめる、ヌバック仕上げのオイルドレザーを使用した「OILED LEATHER SERIES」を、11月7日より発売します。

ラインナップは「GSM」「RINKAN BOOT」「TIGER HORIZONIA」の3モデル。
独特な重厚感のあるレザーとあたたかみのあるスエードとのコンビネーションが、秋冬のスタイルにマッチします。
公式オンラインショップより

この3シリーズの中で今回購入したのは「GSM」

このレザーとスエードの感じがとっても良くて、ずっと気になっていました。
そしてオニツカタイガーの特徴のこのラインも😊

オニツカタイガーの定番モデルのひとつであるGSMに、オイルレザーを採用した素材アップデート版。独特の重厚感のあるレザーと、スエードのコンビネーションが特徴となっている。

-レザーアッパー
-クッション性に優れたOrthoLite中敷を採用

アッパー : 天然皮革
アウターソール : ゴム底(ラバー)

生産国 : インドネシア

品番 : 1183A842
1183A842.200(COFFEE/BROWN STORM)
公式オンラインショップより

開封+履き心地

色味

色味は思った通りの感じです。重厚感もあるけど、重たくなりすぎないちょうどよい感じ。

サイズ感

とにかくサイズ感が心配だったので、直営店に行って履いてみました。人見知りの私としては大進歩😅
同じ商品はなかったので同系統のもので試し履き。

イメージ通りですが、幅や足の甲は少しきつめ。
普段のサイズは26㎝いかないくらいなのですが、一番楽でいいなと思うのは27㎝でした。
ただその幅に合わせるとつま先がだいぶ空いてしまう。
やっぱり歩くのにはきついかもということで、26.5㎝を選択。履き始めは少しきついかなあと思っていましたが、履いているとなじんでくる感じで問題はなさそう・・・よかった。

26.5㎝でもちょっとつま先は余っているのでぴったりという訳ではないのですが、まあ正解かな。

合わせやすさ

この濃いめのブラウンはどのコーディネートにも合いそうな感じ。私の持ってるデニムやグレーのパンツにもよくなじんでいるかな。とにかく合わせやすいのはファッションとしてもおすすめ♪

箱もかっこいいな

これは私の憧れや初めて購入するという面もあるかもしれませんが、箱もかっこいいなあと思わず写真ぽちり。
(ちょっと失敗やな😅)

用途は・・・

私の今の靴一覧から行くと、休日のお出かけ靴の1番手になるかなと思っています。
あと、雨の日は履かないかなあ。

まとめ

無駄遣いはいけないけれど、憧れとか好きなものを満たすのも必要なことじゃないか。
それをいかしていけれるんだったらなおさら。
せっかく購入したこの靴。普段から楽しめそうなので、一安心。

・少しサイズに対しては小さ目かな。特に足の甲と幅はせまめ。
・ワンサイズ大きめにしても歩行には影響はなさそう。今のところ大きな問題なし。
・オイルレザーの色味が抜群。履き心地も良し。
・濃いブラウンがコーディネートしやすくておすすめ。

介護記事・お気に入り記事など更新中♪

Twitterもやっています。ぜひフォローしてくださいね♪

~ブログ村に参加しました~
コロコーデ - にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
ABOUT ME
コロ
コロ
1985年生まれ。ひょんなことから「介護」というものに関わるようになり、その大変さと同時に魅力にもはまっていきました。意を決して、独立に関わり現在デイサービスの管理者をしながら、介護の情報や自身の好きなモノを発信しています。 >>詳しくはこちら<<