介護のおはなし

「デイサービスを探している方へ」色々と魅力はあるけれども…介護はやっぱり人だよ。

利用者の方が増えてくる時期って言うのがあります。
冬の入りや寒くなりだした頃は減っていくことが多いです。年が明けて冬が終わりに近づいてくると問い合わせや新規の受け入れが多くなる印象があります。

どうも、コロです。
とはいっても、デイサービスとか介護サービスは初めて・・・となるとどこを選べばいいのか迷ってしまうと思います。
今は事業所もたくさんありますからね、余計にそうだと思います。
 
現在、親とか高齢者の状態の変化に直面してきている方はもちろん、これから心配だなって方にも一つ知っといてもらえたらなあと思います。

「デイサービスを探している方へ」色々と魅力はあるけれども…介護はやっぱり人だよ。

実際に目にしてみる

私のところにも今週だけでも数件見学に来られています。

この見学や体験っていうのはとても大事なことです。なんでもそうなんですけどね、パンフレットやホームページは正しい情報なんだけど、あっている情報かどうかはわからないんです。

 

だから実際自分たちの目で見ることはとても大事なんです。

新しい利用者の方って嬉しいですから、きっと見学や体験を嫌がられることってないと思います。遠慮なく問い合わせてみてくださいね。

 

選ぶときの大事な目線

介護施設を選ぶには色々な目線があります。
事業所の規模、施設の設備、食事、時間などなど

何を気にしていいのかなんて難しいですよね。

これからいろいろな目線ごとに何回かに分けて紹介していきますね。

 

今回紹介するのは「何を重視するか」

「最新の機器がそろっていますよ」

「食事がとっても美味しいんです」

「こんなプログラムをすることができます」

「新しくてとってもきれいなところです」

 

どれもとっても素晴らしい!!

きっと楽しいはずです。嬉しいはずです。

施設の人もみんな本当によく考えているんですよ。デイサービスの特徴って。

本当に頭を悩まして、やりたいことを考えているんです。

 

ここからは私の勝手な思い。全部が全部じゃないですからね。

私が一番重視してほしいと思っているのが、「人」
 

どれも立派なんだけど、それを行う人がちゃんとしていないと本当に意味がなくなっちゃうんです。正直どの施設でも多いと思うんだけど、接遇って問題になるんです。

そしてそれができていない人が本当に多い…という実感。

 

とっても偉そうにする方。

上から目線でがみがみ注意する方。

これは論外ですが、虐待の話もありましたね。

 

想像してみてください。

一日過ごした家族が、そんなひどい扱いを受けたときのことを。

そして多くの人がそういう思いをしても、言えないんです。

だから安心して預けてしまうんです。

 

私は管理者として、その面だけは強く指導しているつもりですが、どうでしょうね。

 

でも口を酸っぱくして言っています。

この仕事は、利用者さんの人生の後半に出会って、時にはその方の命に直結する仕事だと。そこで出会う人によって、せっかくの一日を嫌な思いして過ごす羽目にしてしまうことはないようにしようと。

 

まとめ

様々なデイサービスの特徴については以前の記事を参考にしてみてください。

「○○デイサービスの特徴ってなんだ?」選ばれるために必要な特徴を考える。デイサービスを選ぶとき、ケアマネさんに紹介してもらうとき、必要になってくるのがそのデイサービスの特徴。どんな特徴があるのか、何が大事になってくるか、考えてみました。...

なので皆さん。

見学や体験に行った時。

契約や送迎で出会った時。

話し方や礼儀、その優しさをよく見てみてください。きっと優しい人は多いと思います。そのうえで、その人にあったとこを探してみてください。 

機器や施設、食事といった上記のような特徴はとっても良いことだと思います。

利用者の方の生活をとっても豊かにするものだと思いますよ。そこでいい人に巡り合えるとピッタリですね。

いい人に巡り合える。

実はそれが一番大事なことです。

一人しっかり考えてくれるいい人に巡り合えるだけで、きっといい流れができるはずです。

 

そうなることを夢見て・・・

これからも頑張って行こう!!

介護記事移行しています。

Twitterもやっています。ぜひフォローしてくださいね♪

~ブログ村に参加しました~
コロコーデ - にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
にほんブログ村

~コメント、フォロー、応援、読者登録していただけると嬉しいです~

ABOUT ME
コロ
コロ
1985年生まれ。ひょんなことから「介護」というものに関わるようになり、その大変さと同時に魅力にもはまっていきました。意を決して、独立に関わり現在デイサービスの管理者をしながら、介護の情報や自身の好きなモノを発信しています。 >>詳しくはこちら<<