介護のおはなし

「介護施設から独立して分かった」良かったことと大変なこと。

コロナへの対応、管理者としての立場、日々の業務。
中々落ち着きません。忙しい日々が続いていますが、ありがたいと思うか大変だと思うか😅

どうも、コロです。
大きめの介護施設から独立し、立ち上げにかかわって改めて気付いた「よかったこと」「大変だったこと」を記事にしてみました。

介護施設から独立して分かった。良かったことと大変なこと。

まあ、良いことも大変なこともたくさんありました。
何でこんな思いを・・・と苦しいこともあるし、良い思いもさせてもらっているなあとも思います。

初めに書いてしまいますけど・・・独立はしてよかったなあと思っています。
それは本当に。

良かったことってなんだろう

改めて考えてみしたけど、どれくらいあるだろうか。

・やりたいことの実現
・賃金評価
・なかなかできない経験
・成果への見返り

独立といっても、同じような事業所を作るわけだから、フリーランスとはまた感じが違うんだなあ。

やりたいこと、実現したいことがやりやすい

私が独立したのもここが大きなポイントだったのですが、介護施設は事業所の方針って言うのが大きなウエイトを占めています。こういうことをしたい。こんな介護をしたいと思っても、中々その通り実現しにくいのは、正直なところです。

もちろん大きな事業所に居て、それができないわけではありませんし、それを実行するのも力なんでしょうけど

私の場合は明らかにやりやすくなった。
私はもうちょっと個別ケアを極めていきたいなあと思っていた。
集団で過ごすにあたって、個別のニーズはどうしても置いてけぼりになってしまうことがあってもどかしかった。色々とやってみたけど、これを独立するときは叶えたいなあとずっと思っていた。そのための力をつけようと頑張っていたから、それに向かっていけるのはやっぱり独立してよかったこと。

賃金は良い方じゃないかな

これは独立したから絶対に・・・という訳ではないかもしれない。
上手くいかなければ、賃金どころか職を無くしてしまう恐れだってあるわけだ。

でもある程度ちゃんとできていくと、普通に介護施設で働いているよりは良い賃金は得られる。
この分をしっかり評価してもらえるのは素直に嬉しい。

なかなかできない経験

会社をおこすとか、そのための動きとか、その辺の手続きは中々できない経験である。私自身もそんなことをするとは思ってもいなかった。そして会社を代表して人前に出る経験はやっぱり自分自身にも良い糧となっている。

頑張りへの評価は大きい

会社組織にいるときと比べると、頑張りや成果への評価は自然と大きくなります。
その分責任も大きいですけど😅

でもやりがいにはなりますね。事業が大きくなって、成果も出てくるとそれだけ見返りも出てくる。
そんな気持ちだけじゃないけど💦頑張れますよ。

大変なことは何だろうな

・大きな責任
・会社組織の強さは無くなった
・仕事は増える
・間違いに気付けるか

のしかかる大きな責任

やっぱりね。どうしてもこれです。上の立場に立つというのは大きな責任がのしかかります。
下手をすると会社がつぶれるんです。従業員を困らせてしまう。
私はまだいい方ですが、社長となるともっとだろうなといつも想像します。

自分の決断がこれほど大きな責任を持つ・・・
と思うと、身震いするものがあります😅

会社組織の強さを感じる

何事においても会社組織の強さは感じています。
福利厚生もそうですし、色々な体制。
この辺はこの会社でもこれから整えていければと思いますが、まだまだ小さな会社で難しいところも多いのが現実。これは課題だなあと思っています。

仕事が増える・・・

通常業務に加えて、会社に関する業務も追加になります。そういう業務の従業員を雇えばいいのでしょうけど、そんな余裕はまだまだ持てないので、先の話です💦

やってることは間違っていないかな

自分たちの事業所となると自分色は作りやすい。だがそれは裏を返せば、それが間違っていると与える影響は大きいものに。会社にいるときと違って、止めてくれる人が少ないんですよね。
なので、いつもこれは大丈夫かなって考えながら、緊張しながら判断しています。

まとめ

まあ迷いましたけど、自分で決断して決めたから頑張るしかない。
成し遂げられていること、これから気っと成し遂げていくこと
これを考えると、迷いなく選んでよかったと思っている。

もう「自分のため」だけではなくなった。頑張るぞー!

介護記事・お気に入り記事など更新中♪

Twitterもやっています。ぜひフォローしてくださいね♪

~ブログ村に参加しました~
コロコーデ - にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
ABOUT ME
コロ
コロ
1985年生まれ。ひょんなことから「介護」というものに関わるようになり、その大変さと同時に魅力にもはまっていきました。意を決して、独立に関わり現在デイサービスの管理者をしながら、介護の情報や自身の好きなモノを発信しています。 >>詳しくはこちら<<